四柱推命に関する知識、本、歴史、日々の成長を綴っていきます。干支、陰陽五行、その他占いも載せて行くかも。

四柱推命の歴史:宋


古代中国の南宋時代
960年〜1279年

徐子平


四柱推命の祖とも呼ばれる。
1100年代に四柱推命の原型となるものを作ったとされている。
「日柱を自分とする」「生時を使用する」事を初めて取り入れた。

「珞琭子三命消息賦注」という書を著した。現存はしていない。

徐大昇


淵海子平という書を著した。
最初に広まった四柱推命の本と呼べる。現存はしていない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

四柱推命の基礎

四柱推命基礎

歴史

調査

翻訳

編集にはIDが必要です